3つの適性によって職業が決まるアーキエイジ

アーキエイジでは、適性を組み合わせることによって職業が変化します。
アーキエイジでは、このようなシステムを採用していることによって、自由度の高いゲームになっているのです。
適性は、キャラクター作成時とレベルが5になったとき、レベルが10になったときの3回選ぶことができます。
一度適性を選んでも、アーキエイジでは後から変更することは可能です。
なので、あまり深く考えずに、始めは好きなように選ぶと良いでしょう。
選んだ職業が自分に合わなければ、もう一度選び直せば良いだけです。
アーキエイジで選べる適性は、最初に選べるのは6種類、レベルが上がることによってさらに4つの中から選べます。
つまりアーキエイジで選べる適性は、全部で10種類になります。
この10種類の中から3つを選んで職業が決定されるので、アーキエイジで選べる職業は約120種類にも及ぶのです。
ここまで多くの職業を自由に選べるゲームは、珍しいといえるでしょう。
最初に選べる適性は、格闘・野生・死・魔法・愛・使命の6種類です。
後から選べるのは、意思・ロマン・鉄壁・幻術の4種類になります。
どの適性を組み合わせればどんな職業になるかは、アーキエイジの情報をネットで調べて入手してください。